読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古民家の改修工事 はじまる

島根で購入した古民家の改修工事がやっと始まりました。 予算は多くかけられないし、暮らしてみてからこうしたいと気づくことも多く出てくると思うので、今回はどうしても必要な場所キッチン、リビング、お風呂、洗面、トイレを直すことに。プラス痛いのが屋…

割烹天草 海の幸が美味しいお店

年末年始にかけて就職活動で気持ちが落ち着かなくて、気づけば1月も後半。 島根での生活ちゃんとしていますよ。今年からが本番というところ。 無事、島根の就職先が決まった帰り道、その足でお祝いに旦那とランチへ。 向かった先は、「割烹天草」 こちらは、…

島根で買う日常の食材

島根を移住に選んだのは、どこで作られたのかが明確で、新鮮、安価な食材が手に入るのも魅力の一つです。都内でも産直野菜が売っているところもありますが、こちらはイオンなどのスーパー含めてどこでも産直野菜が買えて種類も豊富。去年は葉物が高騰という…

鳥井海水浴場(島根県大田市)

もうすっかり季節は秋なのに海ネタです。 今住んでいる家から車で10分ほどのところにある鳥井海水浴場。全国的なガイドブックにはあまり載ることはないと思われるこの海が、今のところ島根で私の一番お気に入りの海岸。 夏はは暑いので、日差しがやわらぐ4時…

島根に家を買う

ついに家を購入しました! 東京にいたころには考えたこともなかった家の購入。 関東では買いたいと思うような家は手が届かないし、買える金額の家だったら買いたくないものしかなかった・・・。でも島根県なら買いたいと思う家(古民家)が買える! 島根県大田…

出西窯(しゅっさいがま)

出雲民藝館の後に向かったのは、出雲市にある出西窯へ。 こちらは昭和22年に子供のころから親しい5人の青年が協働して築いたという窯元。 民藝運動にも参加されて、バーナードリーチ、柳宗悦もこちらに赴いて指導されたそうです。 こちらで制作されている、…

出雲民藝館

今回のお出かけ先は出雲民藝館。 出雲民藝館では江戸末期から昭和初期にかけて人々の普通の暮らしにの中で使われてきた品々から、民藝運動の影響を受けた山陰の近代の民藝品、売店では現在の民藝を観て購入も可能という、民藝を丸ごと楽しめるスポットです。…

三瓶山にて薬草観察記録会

関東にお住まいだと、知らない方が多いと思われる、三瓶山(さんべさん)。 私も去年訪れるまで聞いたこともありませんでした。今ではお気に入りの場所。 そもそも島根という田舎の町を移住先に選んだのは、自分で食べ物を作ったり採ってきたりという環境に恵…

ベッカライ コンディトライ ヒダカ

石見銀山の街並みの中に去年新しくできたドイツパンのお店。新聞やテレビでも紹介されたようで、いつも人気なのですが、旅するひと皿の日は、さらに行列!訪れてみたものの、常に途絶えない行列のためこの日は断念。 美味しいパン屋さんは、外観でわかります…

旅するひと皿 

8/30と31の2日間、石見銀山で「旅するひと皿」というイベントがありました。 東京や関西で飲食店など営む料理人たちが集まって、石見銀山のある大森町の民家を借りて2日間限定の食のイベント。 去年大森の町に新しくドイツパンのお店ができたのですが、そち…

山陰の海 その1 キララ多伎(出雲市)

全くご縁のなかった島根県に引っ越す気持ちにさせたものの一つに 海の美しさがあります。 今年の夏は体調があまり良くなくて風邪が1か月ぐらい治らなくて何年ぶりかの海水浴をしようと思っていたのですが果たせませんでした・・・・。 でも来年も再来年もあ…

群言堂 石見銀山生活文化研究所

群言堂は石見銀山で一番有名なスポットではないかと思います。 日本全国に店舗展開されていますが、カフェが体験できるのは本店と東京では西荻窪にRe:gendoのみだと思います。 メインはアパレルで、布から作るというこだわり、日本のモノづくりを大切にされ…

らとちゃん ゆるキャラグランプリ

らとちゃんに初めて会いました! らとちゃん とは? 島根県大田市のゆるキャラです。 よく間違えられるのがサザエのつぼ焼きですが、違います。 螺灯(らとう)と鉱夫の衣装がモチーフの公式マスコットキャラクター。 らとう とはサザエの殻に油を入れて火を…

石見銀山の街並みと大盛行列

昨日はあいにくの雨でしたが、石見銀山のある大森町へ行ってきました。 移住のきっかけになった古い町並み。派手さはないのですが、そこが懐かしさや落ち着いた気持ちを感じさせるのが、「日本のふるさと」といわれる所以なのかも。 山に囲まれていて小さな…

ご縁が結ばれて、翌年移住へ!

出雲大社では縁結びのお守りをゲット。 島根県とよいご縁が結ばれますようにとお祈りしたのが効いたのか?旦那の島根県への転職が決まり、移住することになりました。 島根県と思ってから、1年足らずの短い期間での決断。我ながら無謀のような気もしますが、…

なぜ?島根県へ I ターン移住

東京で10年以上勤めた会社を退職して、2016年縁もゆかりもない島根県大田市に移住! 福島原発事故を機に西日本への移住を模索していたところ、島根県という選択をしました。 日々の暮らし、島根情報などを綴っていきたいと思います。 きっかけは、2015年 日…